健康保険の被保険者資格喪失後の保険給付


スポンサードリンク

健康保険の保険給付は、基本的に被保険者期間中に行われますが、資格喪失と同時に受給資格も喪失するとなると、被保険者に不利益の生じるケースが発生します。
そのため、資格喪失後も一定の要件において、保険給付が認められるようになっています。

1.傷病手当金又は出産手当金の継続給付
被保険者の資格を喪失した日の前日まで引き続き1年以上被保険者であった者であって、その資格を喪失した際に傷病手当金又は出産手当金の支給を受けていた者は、被保険者として受けることが出来るはずであった期間、継続して同じ保険者から傷病手当金又は出産手当金の支給を受けることが出来ます。
被保険者として受けることが出来るはずであった期間とは、傷病手当金の場合は支給を始めた日から起算して1年6ヶ月を限度とし、出産手当金の場合は出産の日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産の日後56日になります。
注意すべきは「前日まで引き続き1年以上被保険者であった期間」で、ここには日雇特例被保険者、任意継続被保険者、特例退職被保険者及び共済組合の組合員であった被保険者期間は含まれません。

2.資格喪失後の埋葬料給付
被保険者が死亡した場合、その者に生計を維持されていた者であって埋葬を行うものに支給される埋葬料も、資格喪失後においても以下のケースで支給されます。
(1)傷病手当金又は出産手当金の継続給付を受けている者が死亡したとき
(2)傷病手当金又は出産手当金の継続給付を受けていた者が、その給付を受けなくなった日後3月以内に死亡したとき
(3)被保険者であった者が資格喪失後3月以内に死亡したとき

3.資格喪失後の出産育児一時金
被保険者資格喪失後であっても、次のいずれの要件も満たした場合は、出産育児一時金を受けることが出来ます。
(ア)被保険者の資格を喪失した日の前日まで引き続き1年以上被保険者であったこと
(イ)被保険者資格を喪失した日後6月以内に出産したこと

資格喪失後の出産育児一時金で注意すべきは以下の3点です。
*「前日まで引き続き1年以上被保険者であった期間」については、傷病手当金又は出産手当金の継続給付の要件と同様、日雇特例被保険者、任意継続被保険者、特例退職被保険者及び共済組合の組合員であった被保険者期間は含まれない。
*資格喪失後6月以内の出産は、出産予定日ではなく実際の出産日が基準となる。
*資格喪失後も適用されるのは出産育児一時金であって、家族出産育児一時金は資格喪失後の給付対象とならない。


「社会保険・労働法早分かりガイド」のトップへ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122855716

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。