雇用保険被保険者カテゴリの記事一覧

雇用保険被保険者とは


スポンサードリンク

雇用保険法において、雇用保険被保険者とは「適用事業に雇用される労働者であって、適用除外者以外のものをいう」となっています。
つまり、適用除外に該当しない適用事業所の労働者は全て、雇用保険被保険者になります。

〔適用除外〕
1.65歳に達した以後に雇用された者は、雇用保険被保険者にはなりません。
ただし、65歳に達した日の前日から引き続いて雇用されていたり、短期雇用特例被保険者や日雇労働被保険者に該当する者は雇用保険被保険者になります。
2.1週間の所定労働時間が通常の労働者に比べて短く、かつ30時間未満であって季節的雇用、もしくは短期の雇用に就くことを常態とする者は、雇用保険被保険者にはなりません。
3.日雇労働者であって、日雇労働被保険者に該当しないものは、雇用保険被保険者にはなりません。
4.4ヶ月以内の期間を予定して行われる季節的事業に雇用される者は、雇用保険被保険者にはなりません。ただし、所定の期間を超えて引き続き雇用されるに至った場合は、その超えた日から雇用保険被保険者になります。
5.船員保険法の規定による船員保険の強制被保険者は雇用保険被保険者にはなりません。ただし、船員保険の疾病任意継続被保険者は、雇用保険被保険者になります。
6.国、都道府県、市町村その他これらに準ずるものの事業に雇用され、離職した場合の諸給与が求職者給付及び就職促進給付の内容を超えると認められる者であって、厚生労働省令で定める者は、雇用保険被保険者にはなりません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。