雇用保険失業給付カテゴリの記事一覧

雇用保険失業給付の概要


スポンサードリンク

雇用保険と言えば失業保険のイメージがあります。
雇用保険には雇用を継続するための給付等もありますが、実際に最も広く認知され、使用されているのは失業給付です。
失業とは、被保険者が離職し、労働の意思及び能力を有しているにもかかわらず、職業に就くことが出来ない状態にあることを言います。
その時に支給される求職者給付を始め、雇用保険で給付される手当類を総称したものが失業等給付です。
雇用保険失業等給付は失業保険の根幹を成すもので、次の4つに分かれます。

(1)求職者給付
雇用保険失業給付で最も広く使われる給付制度です。
一般被保険者に適用される失業保険は、基本手当、技能取得手当、寄宿手当、傷病手当の4種類です。
それ以外の被保険者にもそれぞれ失業保険があり、高年齢継続被保険者には高年齢求職者給付金が、短期雇用特例被保険者には特例一時金が、日雇労働被保険者には日雇労働求職者給付金が給付されます。

(2)就職促進給付
失業保険の受給資格者が、安定した職業に就いた場合等に支給される失業給付が、就職促進給付です。
就業促進手当、移転費、広域求職活動費の種類があり、更に受給資格者の状況により就業促進手当は就業手当、再就職手当、常用就職支度手当に分かれます。

(3)教育訓練給付
失業中だけでなく、在職中でも受給できる失業保険が教育訓練給付です。
雇用の安定や就職の促進等、失業状態を回避するために教育訓練を受けた場合に支給される失業保険で、厚生労働大臣が認定する教育訓練を受けた場合に適用されます。
失業中に支給される求職者給付が守りの失業保険であるのに対し、教育訓練給付はより安定した雇用状況を作るのにも役立つ攻めの失業保険と言えます。

(4)雇用継続給付
雇用継続給付は、高齢者、育児、介護といった雇用状態の存続が難しくなる時に給付される失業保険です。
高年齢雇用継続給付として高年齢雇用継続基本給付金と高年齢再就職給付金、育児休業給付として育児休業基本給付金と育児休業者職場復帰給付金、介護休業給付として介護休業給付金があります。


「雇用保険早分かりガイド」のトップへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。