障害者雇用カテゴリの記事一覧

障害者雇用の概要


スポンサードリンク

障害者雇用は、健常者に比べてハンディがあり同条件では雇用が難しくなります。
そこで雇用保険とは別に、様々な施策を実施してより円滑な障害者雇用を図るための障害者雇用促進法が定められています。

障害雇用促進法の目的
この法律は、身体障害者又は知的障害者の雇用義務等に基づく雇用の促進等のための措置、職業リハビリテーションの措置その他障害者がその能力に適合する職業に就くこと等を通じてその職業生活において自立することを促進するための措置を総合的に講じ、もって障害者の職業の安定を図ることを目的とする。

具体的には、事業主に一定の身体障害者雇用、及び精神障害者雇用の義務を課す他、障害者雇用納付金及び障害者雇用調整金により障害者雇用にかかる事業主の負担を緩和させます。
また障害者雇用のための施設の設置や障害者介護者の配置等に助成金を支給します。
一方障害者本人に対する措置として、ハローワークや地域障害者職業センター、障害者就業・生活支援センターといった障害者雇用のための職業リハビリテーションも行われます。
職業リハビリテーションとは、障害者に対して職業指導、職業訓練、職業紹介その他障害者雇用促進法に定める措置を講じ、その職業生活における自立を図ることを言います。
ハローワークでは、障害者雇用を円滑に進めるための職業紹介、職業指導、求人開拓等が行われています。
また、ハローワークでは、正当な理由がないにもかかわらず身体又は精神に一定の障害がないことを条件とする障害者雇用を妨げる求人申込みを受理しないことが出来ます。

このように障害者雇用に関して、障害者雇用促進法の中で様々な施策を講じるとともに、厚生労働大臣は、障害者雇用の促進と障害者の職業の安定に関するための方針である障害者雇用対策基本方針を策定するとされています。


「雇用保険早分かりガイド」のトップへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。